玉林の想い

玉林の理念

食卓に笑顔を
食を通して、笑顔と健康を提供

味の探求

美味しさに、完成形はない
引き継がれてきた味、技を大切にしつつ、
さらなる美味しさを研究する
新しい技、新しい味を受け入れ、常に好奇心を持つ

安心・安全

常に、一番大切な人への贈り物と思い作業する
自身の健康管理、他者への気配り
衛生管理は自分の目の届くところから、見えない場所まで

挑戦する気持ち

新しいことへのチャレンジ
自分へのチャレンジ
ライバルへのチャレンジ
挑戦する気持ち、諦めない心が大切

継承

自分だけの知識、技、味に意味はない
次の世代に最高なものを最高な形で継承する

社長挨拶

『あっ、これ美味しい!』
美味しいものを食べた時の最高の笑顔。
その笑顔を思い浮かべながら仕事をしていると、絶対に手は抜けません。


海に囲まれた国にも関わらず、魚離れが著しい状況。
デフレの影響もあってか、お魚大国だったはずの日本が海外に買い負けして、魚を輸入できない。
地球温暖化、海流の変化、水温の上昇で近海魚の激減。
この業界にとって、厳しい状況が続いています。

伝統を守りつつ、新しい環境に対応し
厳しい現状に心折れることなく、
お客様の最高の笑顔と健康のお役に立てるよう、頑張りたいと思っております。
代表者 土居 智

代表者 土居 智

社長の自己紹介

1968年、関門海峡を望む北九州門司で塩干屋の3男坊として生まれる。
朝食が、パンとコーヒー(牛乳)と干物(丸干し含む)という、ちょっと特殊な環境で育つ。
体を動かすことが得意で、とにかく体育祭や記録会でヒーローになるのが大好きな学生時代。
美味しい魚(お刺身)を買うのが趣味の祖母のおかげで、幼少の頃から違いの分かる男に..

最初の就職先で、アラスカや北海道で鮭や筋子、カニにまみれる。
違いの分かる男に、さらに磨きをかける。
上司とソリが合わず、1年半で退職(半分解雇かな)。若気の至りか、ただただ生意気だったのか、反省。
北海道で土方を1年。

25歳で親の会社に戻り、販売、営業、製造部責任者を経て、
2010年より玉林の代表に。

会社概要

会社名 株式会社 玉林
所在地 〒751−0826
山口県下関市後田町4丁目24−15
電話 083-222-3953
FAX 083-222-7326
代表者 土居 智
資本金 800万円
従業員数 7名
創業 1955年2月
事業内容 魚介類の加工製造・販売
フクの一夜干し・唐揚げ・フライ
鮮魚の開き干し・丸干し
凍魚の開き干し・丸干し
珍味の製造

沿革

1946年秋頃 山口県下関市後田町にて、アジ、サバ、イワシなどを天日干しにして販売。
1955年 玉林 加一により 有限会社 玉林商店 創業
1965年 下関市武久町に第二工場建設 (1986年 売却)
1974年2月 株式会社 玉林商店に組織変更
1975年 下関市室津町に第三工場建設 (1998年 売却)
1979年 玉林 茂雄 社長就任
1990年7月 土砂災害により本社工場閉鎖
1991年12月 下関市後田町に本社工場再建
冷風乾燥機導入
2005年 玉林 正行 社長就任
2010年1月 玉林 正行急逝(享年51歳)に伴い
株式会社 西海の子会社として組織変更
2010年4月 『株式会社 玉林』 設立 (資本金 800万円)
2010年9月 静電式急速冷凍機((株)サンテツ技研)導入

採用情報

求人
作業内容 各種魚の加工、ふぐの加工、干し珍味加工等
時給 700円〜
勤務時間 8:00〜16:45 作業時間7.5h(休憩1時間15分を含む)
年齢 18歳〜60歳程度
資格 経験者、未経験者問わず
保険 各種保険完備
勤務先 本社工場 山口県下関市後田町4-24-15
担当者 青木



2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930



まるたまの動画